ドライオーガズムとキリスト教の関係

古の昔より、男性のアナルは秘部とされ、そこで快感を得るのはタブーと考えられてきました。
キリスト教でもアナルは不浄の物と考えられ、それをセックスに用いることは神への冒涜と考えられていたのです。
しかし、時代は変わり、人間は誰もが快感を自由に追求してよくなりました。
それは、必然的に男性のアナルへの関心を高め、積極的に開発していく姿勢を生み出していったのです。
男性はセックスやオナニーの際、射精によって最終的に快感を得ます。
しかし、それは一瞬の物であり、基本的に快感は持続しません。
これに対し、前立腺の刺激で得られるドライオーガズムは全く別物であり、射精を伴わないので体力の消耗がほぼなく、しかも射精の何倍もの快感を得ることが可能です。
それは多くの人が体感してびっくりするだけの神秘的な魅力といえるでしょう。
アダルト関連のサイトを見てもわかるように、今はかなりの頻度でドライオーガズムを感じる努力をしている男性が増えています。
前立腺の刺激と簡単に言ってみても、指をアナルに入れてオナニーをするのはかなり難しいので、専用の器具を使ったり、セックスの際パートナーに手伝ってもらうことが大半です。
夫婦間でセックスをする際、マンネリ化していたのが前立腺の刺激をレパートリーに組み込むことによって、新しいパターンが生み出せたとの報告も得ています。
セックスを楽しめるようになるには、こうした新しい試みをどんどん試す気持ちが大切です。
アナルの快感が病みつきになるのは男性にとってアブノーマルな感じもします。
男性同士のセックスでアナルが頻繁に使われ、前立腺刺激によるドライオーガズムも得られるとあってはなおさら特異な印象を受けるでしょう。
しかし、これは男性がぜひともマスターしておくべき絶頂の状態であり、これからの生活を確実に豊かにしてくれる魅力を持った方法なのです。
射精にはさまざまなリスクが伴い、絶頂を純粋に楽しむことができません。参考・・・ドライオーガズムの方法・リスクについて
そのため、単純に絶頂だけを体感できるようなスタイルを自らが作り出し、それを追求していく努力が必要になるわけです。
男性ならば射精だけにこだわることなく、新たな快楽の追求を進めるべきでしょう。
経験したことがない人にとっては、不思議かつ神秘的な魅力が感じられるのがドライオーガズムです。
射精による絶頂しか感じたことがないとすれば、それは人生の大半を無駄に過ごしています。
かといって、さっそくアナルに指を入れて前立腺を刺激してみても、感じられる人と感じられない人がいますから、おいそれと絶頂を感じることはできません。
そのため、まずは自分から射精を伴わない絶頂の状態について知識として知り、それを極める努力をしてみるのが肝心になります。
知識を仕入れるのはネットで、経験を手にするには性感エステや奥さんや恋人とのセックスがいいでしょう。
それらは必ずや実になり、新たな世界を私たちに教えてくれるきっかけとなり得ます。